TDU - 東京電機大学 TOKYO DENKI UNIVERSITY

東京電機大学 未来科学東京電機大学 未来科学部 建築学科 トップへ

研究室と教員紹介

小笠原 正豊

小笠原 正豊

准教授・博士(工学)

設計情報マネジメント研究室

設計情報マネジメント研究室

「建築の設計」のありようが大きく変化している現代において、より幅広い視点で「設計」「Design」を捉える必要があります。
設計はデジタルでどこまで発展できるのでしょうか。ツールを試し使いこなしながら発見を積み重ね、研究を進めていきます。

教員プロフィール

教員名
小笠原 正豊 准教授
所属学会
日本建築学会
学位
博士(工学),一級建築士,NewYork州登録建築家
学歴・職歴
1994年 東京大学工学部航空宇宙工学科卒業
1996年 東京大学工学部建築学科卒業
2000年 ハーバード大学デザイン大学院建築学科修了
2000年-2004年 ペイ・コブ・フリード アンド パートナーズ(NY)勤務
2004年- 小笠原正豊建築設計事務所設立
2013年-2017年 東京大学生産技術研究所特任助教
2017年- 東京電機大学未来科学部建築学科着任
2017年 東京大学工学部 博士(工学)「設計分業マトリクスを用いた設計プロセスのマネジメントに関する基礎的研究」
2019年- 東京電機大学未来科学部建築学科准教授
専門分野
設計論,設計のマネジメント, BIM
担当科目
建築設計製図,建築構法
受賞歴
2017年
American Architecture Prize 2017, American Architecture Prize Honorable Mention,
A weekend house with Mt. Fuji view

2013年
日本建設業連合会 第54回BCS賞 MIHO美学院中等教育学校 チャペル
受賞者: I. M. Pei, io Architects, 小笠原正豊建築設計事務所
著書・論文
Masatoyo Ogasawara, Tomonari Yashiro : A Comparative Study of the Design Process in General Construction Companies and Design Firms in Japan, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, Volume 17 (2018), Issue 1, Pages 31-38

小笠原正豊,野城智也:アーキテクト間の分業に関する基本的考察-米国建築プロジェクトにおけるMatrix of Responsibilitiesを研究対象として,日本建築学会計画系論文集,第82巻,第738号,pp.2029-2039,2018.1

田澤周平, 濱地和雄, 小笠原正豊, 岩松準, 志手一哉, 蟹澤宏剛, 平野吉信, 安藤正雄:米国におけるIntegrated Project Delivery (IPD)に関する研究 Hanson Bridgett社のIPD標準約款の分析,第33回建築生産シンポジウム論文集,pp.17-27-24,2017.7

小笠原正豊,野城智也:専門工事業者による設計協力に関する基本的考察-日米エレベータ設計をケーススタディ対象として,日本建築学会計画系論文集,第82巻,第734号,pp.1009-1019,2017.4

小笠原正豊,野城智也:大臣認定に基づく特殊な技術的知識の所在についての一考察,第32回建築生産シンポジウム論文集,pp.153-160,2016.7

小笠原正豊,吉田敏,野城智也:組織設計事務所における設計分業体制に関する基本的考察-日米建築プロジェクトをケーススタディ対象として,日本建築学会計画系論文集,第81巻,第722号,pp.991-999,2016.4

小笠原正豊,野城智也:設計監修業務の記述方法についての一考察-東京大学新図書館計画をケーススタディ対象として,第31回建築生産シンポジウム論文集,pp.109-114,2015.7

小笠原正豊,野城智也:あいまいな要求機能を顕在化させる手法についての一考察-東京大学新図書館計画をケーススタディとして,第30回建築生産シンポジウム論文集,pp.205-210,2014.7
卒業研究テーマ例
環境シミュレーションの利用に関する研究  VRを利用した空間印象評価に関する研究  建築構工法に関する研究
研究室URL
https://masatoyo.com
メールアドレス
masatoyo@mail.dendai.ac.jp

研究事例

【シミュレーション】風,光
【VR機器使用】照明,ファサード
【改修・運用】メタボリズム
【構工法】建築部位

研究室の生活

学部:卒業研究テーマは、各自が教員との話し合いのもと自由に決定します。ゼミは週1回ペースです。

修士:「研究コース」と「スタジオコース」のいずれかを選択することになります。いずれのコースにおいても、学部や修士での研究テーマを建築学会やシンポジウム等で発表すること、および、海外ワークショップを選択することを推奨しています。

研究室希望の方へ

この研究室では「デジタル」「海外」「設計情報(企画・設計・施工・運用)」を主要研究領域として位置付けています(その他の領域についても受け入れているので相談してください)。研究手法は必ずしも確立したものではなく、学部の1年間(または1年半)かけて試行錯誤を通じて学んでいきます。新しいことに率先してチャレンジし、視野を広げたい熱意のある方をお待ちしています。

 

研究室と教員紹介 トップへ