TDU - 東京電機大学 TOKYO DENKI UNIVERSITY

東京電機大学 未来科学東京電機大学 未来科学部 建築学科 トップへ

研究室と教員紹介

山本 圭介

山本 圭介

空間デザイン研究室

教員プロフィール

教員名
山本 圭介 教授
所属学会
日本建築学会
学位
修士
学歴・職歴
1966 : 私立開成学園高等学校卒業
1972 : 東京芸術大学美術学部建築科卒業
1974 : 東京大学工学系大学院建築学修士課程修了
1974 : (株)槇総合計画事務所入所
1989 : (株)山本・堀アーキテクツ設立
1993-2001 : 工学院大学工学部建築学科非常勤講師
2000-2001 : 東京芸術大学美術学部建築科非常勤講師
2001-2007 : 東京電機大学工学部建築学科教授
2007- : 東京電機大学未来科学部建築学科教授
専門分野
建築設計/建築計画
中でも、大学キャンパス・大学施設の計画及び設計、集合住宅の住戸・住棟・配置の研究並びに設計に多くの実績がある。
最近の建築作品には、大学施設として東北大学青葉山東キャンパスセンタースクエアー、九州大学最先端有機光エレクトロニクス研究棟、集合住宅として赤羽台団地C工区等がある。
担当科目
建築設計概論 / 建築デザイン / 建築形態論, デザイン・パフォーマンスⅡ / デザイン・パフォーマンスⅤ / ワークショップ
受賞歴
1999年度日本建築学会作品選奨-中野坂上サンブライトツイン
1999年度台東区建築景観賞-ボーデッサン本社屋
2000年度日本建築学会作品選奨-福岡大学A棟
2002年度日本建築学会作品選奨-工学院大学15号館
2003年度栃木県マロニエ建築賞-二期倶楽部東館
2004年度エコビルド賞/エコビルド賞
2004年度環境設備デザイン賞/環境デザイン部門優秀賞
2005年度グッドデザイン賞
2005年度都知事賞
2005年度東京建築賞/最優秀賞
2005年度JIA環境建築賞/優秀 -以上大東文化大学(第1期)
2005年度グッドデザイン賞 -都市機構東雲プロジェクト
2007年度日本建築学会作品選奨 -大東文化大学
2009年度東京建築賞/優秀賞 -工学院大学スチューデントセンター
著書・論文
断面パースで読む住宅の「居心地」共著彰国社
研究室URL
http://yamamotolabo.web.fc2.com/
メールアドレス
yamamoto@cck.dendai.ac.jp

研究事例

1)大学キャンパス論

都市型キャンパスにおける学生食堂の使われ方の研究
施設に余裕のない都市型キャンパス内の食堂空間は、食事の場所であるばかりでなく、学生に取って空き時間を過ごす重要な場所である。ここが多様な使われ方をするために備えるべき建築的条件を、お茶の水近辺の大学を事例として探った研究である。研究手法として対象空間の現地観察調査と利用者のアンケート調査を併用して行った。導き出された結論は、出食コーナーと客席の空間的分離が、学生達の多様な使われ方を促すというものであった。

空間的分離

空間的分離

2)集合住宅論

都市機構KODANにおける子供の遊び場の研究
山本が設計に携わった都市機構の東雲の集合住宅地には、これまでの団地にみられるような児童公園は計画されていない。この様な環境で、子供達はどこで遊んでいるかを調査し,それを次の計画に生かそうとした研究である。季節、曜日、天候を考慮した現地調査と近隣の小学校の児童に対する聞き取り調査により、空間の囲われ度が子供達の遊び場の選択に係わっていることが明らかになった。

集合住宅KODAN

集合住宅KODAN

3)領域論

天井の段差が空間の分節感に与える心理的影響の研究
一室空間でも天井の段差形状でいくつかの領域に分節できることを我々は経験的に知っている。ではどのくらいの変化があったら分節感を感じるのか、それを定量的に捉えようとした研究である。住宅をテーマに取り上げ,公室として最も典型的な大きさの空間ボリュームを抽出して,3次元CADを作成した。その中に天井高の異なる2つの領域をつくり、平面形状と立体形状を連続的に変化させたアニメーションを被験者に見せて分節感を感じたシーンを指摘させ、その結果を統計的に処理して、分節感が生ずる形状特性を捉えた。

統計表

統計表

4)街並み論

斜面都市長崎の景観特性に関する研究
坂の多い長崎の町は、防災的には問題の山積した市街地ではあるが、景観的には視界が様々に開けそして展開する魅力的な街並みである。第2次世界大戦後急速に市街地化した斜面地区を選び、地図等の文献調査と現地での実測調査から、道と擁壁形状のパターンを抽出してタイポロジー化し、それを用いて景観特性を分析した。

景観特性の分析

景観特性の分析

5)低環境負荷建築論

モーダルシフトが可能な開口部の研究
近年の住宅は高気密高断熱化が進み、省エネルギー的には優れた性能を持ちつつある。しかし空間の息苦しさや閉鎖感を訴える人も多い。季節によって要求される性能が異なる日本の住空間の開口部はどうあれば良いのかを知ろうとする研究である。日本の伝統的な民家や農家の開口部は、夏は涼風を呼び込むために開け放すことができ、冬は不十分ながらも閉ざして暖を取ることが可能だった。今年度は環境性能の高いと言われている住宅作品8件を取り上げ、設計者への聞き取り調査を行いつつ、季節によって大きく変化可能な開口部のあり方を探っている。

開口部の研究

住空間の断面図

6)作家論

吉村順三の作品と言説からみる住宅作品の「居心地」の研究
吉村順三は新宮殿や奈良国立博物館等の公共建築を産み出すとともに、珠玉のような住宅作品を数多く設計した建築家として知られている。その空間は「使い手」の身になって設計されており、「居心地」の良さは定評のあるところだ。しかし折に触れて自分の建築に対する思いを述べた文章はあるものの、建築に対する体系的な論考はない。そこで多くの雑誌や文献にあたり、彼の言説を集め、さらに現地を訪ねてその「居心地」を分析している。

住空間の断面図1

住空間の断面図

 

研究室の生活

建築家は、社会に対する幅広い知識と、建築に関する豊富な専門知識を併せ持っていなければならない。さらに建築空間を生み出す創作力とそれを伝えるプレゼンテーション能力が求められる。
この様な力をつけるため、我々の研究室では大学院への進学を前提としている。学部4年生は卒業論文と卒業設計の両方に取り組むことが求められる。大学院では社会に直結した具体的プロジェクトに取り組む。新潟県妻有地方で開催されたアートトリエンナーレにおける古民家再生計画、上海市の湿地保全計画への参加はこうした流れの一環である。また院生はインターンシップや研究室全体での活動の他に、コンペにも積極的にエントリーし、優秀な成績を修めている。修士設計や修士論文に至るまで、研究室での3年間はまさに建築を考え創ることに明け暮れる時間となっている。

古民家再生計画

古民家再生計画

 

学外コンペ入賞作品

入賞作品

入賞作品

入賞作品

入賞作品

入賞作品

入賞作品

 

卒業設計

卒業設計

卒業設計

卒業設計

卒業設計

 

卒業生の進路

建築家を目指す学生諸君に取っての望ましい将来像は、独立して自分自身の事務所を構えることであろう。人脈を広げて仕事のチャンスをつかみ,コンペを勝ち抜いて公共的な仕事を獲得する.そして自分自身の建築的アイディアをその中にこめる。しかしこのような建築家像も変わりつつある。施主の建築に対する要求が複雑化すると共に、建設技術も高度化して、組織力で問題を解決することが求められる様になったからだ。
研究室の卒業生は、アトリエ系の建築設計事務所で働く従来型のパターンと共に、日建設計に代表される組織設計事務所やジェネコンと呼ばれる大手の施工会社の設計部にも多くが就職している。また高い設計能力を生かして、展示関係・インテリア・住宅メーカーの設計部等に就職する者もいる。

卒業生の進路

あなたは手を動かして何かを作ることが好きですか。スケッチをしたり、模型を作ったり、何か形のあるものを産み出すことに興味を持っていますか.その中でも特に人間を包み込む空間を創ることに興味があれば、ぜひ我々の研究室に参加して下さい。もう一度繰り返します。我々の研究室は次の時代を担う建築家・建築設計者を育てようとしているのです。 建築はまず「人を守るため」に創られてきました。だから強固でなければなりません。さらに建築は「人と人を結び付けるため」に創られています。家族は家がなければ家族たりえません。そして建築は人間の力を超えたところにある自然や宇宙と一体となるため、言い換えれば「人と人を超えた存在とを結び付けるため」に創られてきたのです。この様なすばらしい力を秘めた建築のあり方を考え、次の時代の新しい器を共に創り出そうではありませんか。

研究室と教員紹介 トップへ