TDU - 東京電機大学 TOKYO DENKI UNIVERSITY

東京電機大学 未来科学東京電機大学 未来科学部 建築学科 トップへ

研究室と教員紹介

渡邊 朗子

渡邊 朗子

准教授・博士(学術)

空間・環境情報デザイン研究室

空間・環境情報デザイン研究室

空間・環境情報デザイン研究室では、人間―環境系のデザイン理論をベースに情報および情報技術を建築計画に応用し、
未来の建築・都市デザインを創造する研究を進めています。

教員プロフィール

教員名
渡邊 朗子 准教授
所属学会
日本建築学会 / 日本オフィス学会 / 都市住宅学会
学位
博士(学術)
学歴・職歴
学歴
1989年 日本女子大学家政学部住居学科卒業
1993年 コロンビア大学大学院建築都市計画学科修了(建築学修士号)
1999年 日本女子大学大学院人間生活学研究科生活環境専攻博士課程修了(博士号(学術))

職歴
1996年 コロンビア大学大学院建築都市計画学科客員講師
1996年 慶應義塾大学環境情報学部 助手
1996年 株式会社渡邊明次建築綜合研究室(現・渡邊建築総合研究所)取締役
1999年 シドニー大学客員講師
2000年 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 専任講師 (特別研究)
2004年 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 助教授 (特別研究)
2007年 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 准教授 (特別研究)
2009年 東京電機大学未来科学部建築学科 准教授
専門分野
建築計画・設計、情報技術システムの建築への応用
担当科目
DPⅥ / コンピューター基礎および演習Ⅰ / コンピュータデザイン論
受賞歴
1995年 成瀬賞(日本女子大学)
1987年 国際デザインコンペ「こどものためのワークスペース」最優秀賞(米・LIMNカンパニー)
1996年 「マルチメディア時代の住まいデザインコンテスト」優秀賞(住宅金融公庫)
1999年 成瀬賞(日本女子大学)
1999年 森ビル都市デザインコンペ審査員特別賞
2001年 第14回日経ニューオフィス賞・情報奨励賞「慶應義塾大学G-SEC Lab」
2001年 JCDデザイン賞 文化施設・公共施設部門 入選 「G-SEC ファニチュア」
2002年 グッドデザイン賞2002「ワークチェアWT/ワークスツールWS/ワークソファーWF」
2003年 第16回日経ニューオフィス賞・近畿ニューオフィス奨励賞<情報賞>
「関西大学ソシオネットワーク戦略研究センター」
2008年 日本建築学会技術部門設計競技優秀賞
2009年 日本免震構造協会創立15周年記念事業「国際コンペ」優秀賞
2009年 藤沢市から公共の福祉増進に(都市景観審議委員として)貢献した功績を表彰される
著書・論文
著書
渡邊朗子『サイバー時代の空間デザイン』日経BP社、1998.7

日本建築学会編『新・建築コンピュータ利用入門』日本建築学会、2000.11,2002.2

渡邊朗子『サイバード・スペースデザイン論』慶應義塾大学出版会、2001.9

高橋鷹志、渡邊朗子ほか『環境行動のデータファイル〜空間デザインのための道具箱〜』(日本語版)、彰国社、2003.9

橋本秀紀+渡邊朗子『空間知能化のデザイン〜建築・ロボティクス・ITの融合〜』NTT出版、2004.12

四十万靖, 渡邊朗子、『頭のよい子が育つ家』日経BP社、2006.8

高橋鷹志、渡邊朗子ほか『環境行動のデータファイル〜空間デザインのための道具箱〜』(中国語版)、中国建築工業出版、2006.9

村田忠彦、渡邊真治編著『ソシオネットワーク戦略とは何か』多賀出版、2007.3

四十万靖, 渡邊朗子、『教養設計学』(台湾語版)早安財経文化有限公司、2008. 8

日本建築学会編『長く暮らすためのマンションの選び方・育て方』彰国社、2008.8

『オフィスの夢 集合知:100人が語る新世代オフィス』彰国社、2009.9

高橋鷹志、渡邊朗子ほか『環境行動のデータファイル〜空間デザインのための道具箱〜』(韓国語版)2009.8

四十万靖, 渡邊朗子、『頭のよい子が育つ家』文藝春秋、2010.3

論文(国内)
渡邊朗子「大学のメディアセンターにおける利用者の電子情報活動と物理的環境に関する考察」日本建築学会計画系論文集8月号、第510号、p.147-154,1998.8

仲隆介、本江正茂、掛井秀一、元永二朗、渡邊朗子「都市空間のワークプレイスに関する調査」日本建築学会第21回情報システム利用技術シンポジウム論文集、p.121-126,1998.12

渡邊朗子「人間―環境系からみた電子情報活動の環境デザインに関する研究」学位論文、日本女子大学、p.1-207, 1999.3

渡邊朗子「大学の研究室における電子情報活動を中心とした諸活動と物的環境に関する考察」日本建築学会計画系論文集4月号、第518号、p.113-120,1999.4

野島耕平、渡邊朗子「公共空間におけるワークプレイスの基礎的研究」Design Symposium 2004(日本設計工学会,日本機械学会,精密工学会,日本建築学会,日本デザイン学会共催),p.129-134,2004.7

渡邊朗子、橋本秀紀、三宅理一「空間知能化建築インフィルのデザイン」Design Symposium 2004(日本設計工学会,日本機械学会,精密工学会,日本建築学会,日本デザイン学会共催),p.121-128, 2004.7

野島耕平、渡邊朗子「公共空間におけるワークプレイスに関する基礎的研究-外部環境と内部環境におけるモバイルワークの比較実験-」日本建築学会計画系論文集1月号第587号2005, p.57-64, 2005.1

倉部史記、渡邊朗子「米国のチャータースクールにおける学校の物理的環境構築に関する研究―経営、教育内容、他団体との関わりが環境に与える影響について―」日本建築学会計画系論文集3月号第589号2005, p.17-24, 2005.3 

渡邊朗子、登石久美子「都市居住における空間・時間と情報化に関する調査1 都市集合住宅におけるケーススタディ」日本建築学会計画系論文集6月号第592号2005, p.9-16, 2005.6

後藤雄亮、渡邊朗子、飯塚重善、小川克彦「安心して電子活動を行えるパーティションの位置と寸法に関する提案」日本建築学会計画系論文集7月号第605号2006, p.79-84, 2006.7

後藤雄亮、飯塚重善、渡邊朗子、小川克彦「パーティションの高さが及ぼす心理的影響に基づいた公共空間向けノート型PC利用環境の提案」日本人間工学会論文誌「人間工学」44巻1号2008, p.37-44,2008

清水友理,佐藤貢一,三谷正志,長瀧慶明,渡邊朗子,森川泰成「医療施設の空間知能化に関する実験的研究-RFID技術を利用した環境制御及び患者サービスの構築-」第11回建設ロボットシンポジウム論文集(日本建築学会、日本土木学会、日本ロボット学会共催)、P.359-P.364、2008.9

清水友理、児玉哲彦、渡邊朗子、三宅理一「高密度商業地域における暗黙知としての地域情報共有に関する研究-秋葉原モバイル実証実験を通じた地域情報化の試み―」日本建築学会計画系論文集、第73巻、第632号、p.2275-2280,2008.10

渡邊朗子「空間生命化のデザイン」日本建築学会第32回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集p.139-142,2009.12

三上喜隆,渡邊朗子「卓上移動ロボットの人に対する支援領域に関する基礎研究」日本オフィス学会誌、第2巻第1号, p.51-57,2010.3
研究室URL
http://watanabe-archi.com/
メールアドレス
akiko826@cck.dendai.ac.jp

研究事例

ロボットと共生する建築・都市のデザイン

ロボットと共生することでよりよい生活環境を実現する建築・都市の計画技術に向けた研究を進めています。

高齢者を支援する建築・都市に関する研究

高齢者の生活実態やニーズを把握して、高齢者が生き生きと暮らしやすい人間的な建築や都市および生活環境づくりに向けた研究を進めています。

空間生命化のデザイン

生命体の持つ賢い特徴に学び、人にとっても地球にとってもよい未来の建築・都市空間を創造する研究を進めています。

知的活動を支援する建築・都市に関する研究

知的生産性や知的活動を向上させるオフィスや生活空間に関する研究を進めています。

研究写真

研究写真

 

研究室の生活

研究室での生活はハードで大変ですが、時々みんなで神田を探索にいって古い建築物を見たり、おいしいものを食べたり、楽しいイベントも満載です。「よく学び、よく遊べ」をモットーに、春は桜を見ながら野点を、夏は涼冷の屋形舟遊びなど、季節の移り変わる時間を愛でながら研究の深みを探究する、知と遊が共存する研究室です。

研究の様子

活動写真

 

卒業生の進路

建設会社の設計部、建設会社の研究所、オフィスメーカー、家電メーカー、デザイン会社、オフィス機器メーカー、住宅メーカー、ディベロッパーほか多種多彩

卒業生

卒業生

研究室と教員紹介 トップへ