TDU - 東京電機大学 TOKYO DENKI UNIVERSITY

東京電機大学 未来科学東京電機大学 未来科学部 建築学科 トップへ

研究室と教員紹介

射場本 忠彦

射場本 忠彦

教授・工学博士

建築環境工学研究室

射場本先生研究写真001

建築熱環境・省エネルギー研究室

(1) 氷スラリーによる地域冷房に関する研究 :
数ミリ程度の粒状〜ブロック状の大きさの氷を用いて、地域の冷暖房を効率的に行おうとする研究です。
(2) 窓際環境の快適性と省エネルギーに関する研究 :
冷房時・暖房時共に建築物の空調負荷を左右する大きな要因である窓廻りの熱環境を改善しようとする研究です。
(3) 「大温度差+変動風」空調に関する研究 :
大温度差空調方式(氷蓄熱システム等)によってもたらされる微高温低湿度の室内環境において、変動風(時折吹く動きのあるかすかな風)を用いることで効果的に冷涼感を得ようとする研究です。
(4) 建築物の省エネルギーに関わる研究 :
既存建物の空調方式等を調査分析し、改善方法等を検討しようとうする、研究です。

教員プロフィール

教員名
射場本 忠彦 教授
所属学会
空気調和・衛生工学会 / 日本冷凍空調学会 / 日本建築学会
学位
工学博士
学歴・職歴
学歴:
昭和47年 北海道大学工学部・卒業
昭和52年 東京大学大学院工学系研究科・博士課程修了

職歴:
昭和54年〜59年 東京電力株式会社
昭和59年〜 東京電機大学(昭和59年工学部・建築学科講師 昭和61年同助教授 平成3年同教授)
平成18年改組により未来科学部・建築学科に変更現在に至る。
その間 、学生部次長・部長、建設技術研究所所長、工学部第一部長、理事、学長事務取り扱い、現在常務理事(新キャンパス創設本部長)
平成16年〜平成19年 北海道大学大学院 客員教授(寄付講座:地中熱利用システム工学講座)
平成20年〜平成22年 空気調和・衛生工学会・会長
平成18年〜 IEA(世界エネルギー機関)蓄熱実施協定・執行委員会(日本代表)
現在に至る
専門分野
建築環境工学の中の熱環境/建築設備
担当科目
建築設備概論(建築設備基礎) / 熱・空調工学(熱・空調工学) / 設計・パフォーマンス(建築設計・建築パフォーマンス) / 研究・設計レビュー / 特別研究・設計(卒業設計)
受賞歴
昭和62年2月 第25回空気調和・衛生工学会賞(技術開発部門) 「氷蓄熱空調システムに関する一連の研究開発」 :(社)空気調和・衛生工学会

平成2年2月 第28回空気調和・衛生工学会賞(建築設備部門)「東村山総合社屋の空気調和設備」 :(社)空気調和・衛生工学会
平成4年2月 第4回(平成3年度) 省エネルギー建築賞(商業・サービスビル部門) 審査委員会奨励賞「東京電力東村山総合社屋」 :(財)住宅・建築省エネルギー機構

平成9年2月 第35回空気調和・衛生工学会賞(建築設備部門)「東京電力技術開発センターの空気調和設備」 :(社)空気調和・衛生工学会

平成10年2月  第7回(平成9年度)環境・省エネルギー賞(その他ビル部門) 建設大臣賞 「東京電力技術開発センター」:(財)住宅・建築省エネルギー機構

平成13年5月 第1回空気調和・衛生工学会特別賞(十年賞) 「東京電力東村山総合社屋」 :(社)空気調和・衛生工学会

平成14年5月  第40回空気調和・衛生工学会賞(建築設備部門)「東京電力豊島支社(旧称 大塚支社)における空気調和設備のリニューアル」 :(社)空気調和・衛生工学会

平成15年5月 第1回環境・設備デザイン賞(建築・設備総合デザイン部門) 入賞 :(社)建築設備綜合協会 「自動制御ブラインド内蔵ベンチレーション窓」

平成16年5月 第42回空気調和・衛生工学会賞(建築設備部門) :(社)空気調和・衛生工学会 「晴海アイランド地区熱供給施設」

平成16年5月 第2回環境・設備デザイン賞(設備機具・システムデザイン部門) 入賞 :(社)建築設備綜合協会 「観光農園に併設したウエットエアー倉庫」

平成17年5月 第5回空気調和・衛生工学会特別賞「十年賞」 :(社)空気調和・衛生工学会 「東京電力技術開発センター」

平成22年5月 第48回空気調和・衛生工学会論文賞(学術論文部門) 「地域冷房に用いる氷水搬送方式に関する基礎的研究 第2報 ブロックアイスの熱的有効性と熱交換速度予測に関する実験的検討 :(社)空気調和・衛生工学会
著書・論文
これだけは知っておきたい“建築の省エネルギーの知識”(共著) :鹿島出版会

空気調和衛生工学便覧(第13版) 第4編第3章「氷蓄熱装置」、第5篇第2章 「熱源負荷」、第5篇第4章「氷蓄熱システムの設計」執筆 :(社)空気調和・衛生工学会

快適な住まいづくりのすべて(共著) :建築技術

最大熱負荷計算法(共著) :(社)空気調和・衛生工学会

建築設備学教科書(共著) :彰国社

氷蓄熱空調システム総合技術資料(共著・編集代表) :日本技術経済センター

蓄熱式空調システム 基礎と応用(共著・編集代表) :(社)空気調和・衛生工学会

蓄熱式空調システムの計画・設計マニュアル(共著・編集代表) :日本工業出版

環境工学教科書(共著・編集代表) :彰国社

現代の空気調和設備(共著) :朝倉書店

蓄熱技術-理論とその応用(共著) :信山社

新訂版 建築設備学教科書(共著 編集代表) :彰国社

ビジュアル版建築入門9 建築と工学 : (共著):彰国社

低温送風空調システムの計画と設計(共著・編集代表) :(社)空気調和・衛生工学会

現代電力技術便覧: (共著):オーム社

蓄熱式空調システム 計画と設計(編集代表) :(社)空気調和・衛生工学会

躯体蓄熱 : (共著):オーム社

地中熱ヒートポンプシステム : (共著・編集代表):オーム社

京都議定書目標達成に向けて「建築・都市・エネルギーシステムの新技術」(共著) :(社)空気調和・衛生工学会

設備開発物語(共著) :市ヶ谷出版社

トコトンやさしいヒートポンプの本(共著・監修):日刊工業新聞社
研究室URL
http://www.iba-lab.com/

研究事例

(1) 氷スラリーによる地域冷房に関する研究

プロックアイスの熱的有効性と熱交換速度予測に関する実験的検討 2008年 空気調和・衛生工学会論文集

(2) 窓際環境の快適性と省エネルギーに関する研究

教室向け空気通過型窓の熱特性と適用性に関する検討 1990年 日本建築学会学術論文集

オフィスビルにおける窓・自然光利用システムに関する研究 1999年 空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集

(3) 「大温度差+変動風」空調に関する研究

変動微風空調システムに対応可能な人体温熱感センサに関する研究 2009年 空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集

新型吹出口の性能評価と実証試験における省エネルギー効果の確認 2009年 空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集

(4) 建築物の省エネルギーに関わる研究

業務用建築物のためのエネルギー消費評価手法に関する調査研究 (2009、2010年度 国土交通省 建築基準整備促進補助事業補助金)

建築物の特性を考慮した環境衛生管理に関する研究 (2009、2010年度 厚生労働科学研究費補助金 健康安全・危機管理対策総合研究事業補助金)

高密度冷熱ネットワークに関する研究開発(2010年度 NEDO 新エネルギー・産業技術総合開発機構 次世代型ヒートポンプシステム研究開発事業補助金)の配置問題をマルチエージェント・シミュレーションなどを用いて研究しています。

研究室の生活

噴水制作

噴水制作

風速計測様子

風速計測様子

研究室希望の方へ

日頃体験している現象に興味や疑問をもち、工学的な観点から色々と視点を変えて考えてみてください。色々と観察し発想・工夫することにより新しい技術を開発するきっかけとなるかもしれません。工作好き・人好き・楽しいもの好き・新しい物好き・フットワークの軽い人・まめで明るくサービス精神旺盛な人等を歓迎します。

研究室と教員紹介 トップへ