TDU - 東京電機大学 TOKYO DENKI UNIVERSITY

東京電機大学 未来科学東京電機大学 未来科学部 建築学科 トップへ

建築学科とは


学科長からのメッセージ

未来科学部/工学部 建築学科 学科長 土田 寛

建築学科は、設立以来50年の歴史があり、6000名の卒業生が社会で活躍されております。2012年4月には北千住駅前に槇文彦氏設計の東京千住キャンパスが開校し、最新鋭の豊かな建築空間の中で学生生活を送ることになります。この環境と豊富な教育・研究実績を基に、未来科学部建築学科、未来科学研究科建築学専攻は、学部ならびに大学院(修士)の6年一貫カリキュラムを通じて、建築の計画・設計分野・構造分野・環境設備分野に関する「プロフェッショナルな能力と豊かな教養」をあわせ持つ技術者を育成します。

未来の豊かな建築・都市空間を創出していくためには、豊富な専門知識と主体である人間や社会にまつわる様々な理解、さらに先見性や創造力を養う必要があり ます。建築学科ではこれらに対応した人材を養成するための多彩なカリキュラムを行っています。なお、大学院では在学中に二級建築士の取得、さらに2年間で 一級建築士の実務経験を満たすことができるプログラムを用意しています。そのため首都圏初の本学建築学科付属の一級建築士事務所を設置しています。

未来科学部/工学部 建築学科 学科長 土田 寛

建築の未来をリードする教育

  1. 少人数教育で学生全員の設計作品を講評して、個性や能力に応じた教育
  2. 演習・実習を中心にした設計能力・コミュニケーション能力を習熟する教育
  3. 社会での実務の準備となる、デザイン、構造、環境設備チームによる協働設計教育
  4. どのような形の建築でも目で見て安全性が分かるNASA開発のソフトを導入した建築のためのIT教育
  5. 若手プロフェッショナルによる実務教育
  6. 一級建築士受験資格に対応するための学部・大学院(修士)の一貫カリキュラムと、実務歴2年に対応したインターンシップ教育
  7. 一級建築士試験合格を目指す習熟テスト

建築の未来をリードする教育